信州のおいしい蕎麦の札 ざるそばのイラスト 【 おすすめ蕎麦のご案内 】 信州のとっておきバナーM

「信州の隠れた名店」 本当に感激の美味しさです!
豊田村・涌井のそば『みゆき』さんの店内から
●手前の雪の下は『みゆき』さんの蕎麦畑です
信州は北信濃の、とっておきの蕎麦屋さんを紹介いたします。ほんとうに「う・ま・い」の一言が出る店です!
地元の方の情報や評判の店など、実際に食べ歩き、是非もう一度行ってみたいと感じた店や感激したお店だけを紹介しています。蕎麦好きが通う隠れた名店です!

その店でしか味わえない本物のそばの味は、思わず笑みが出て、うなずいてしまいます。ほんとうにうれしくなります!信州にお立ちよりの際には、是非寄ってこの感激と感動の味を体験してみて下さい!
きっと幸せな気分にさせてくれると思います!

【隠れた名店】に、豊田村・涌井の手打ちそば屋を2店追加しました!
豊田村・涌井のそば処 「みゆき」 豊田村・涌井のそば処 「きたざわ」
善光寺・門前そば処 「藤木庵」 木島平村・馬曲温泉 「健生庵・山愚」
飯山市・富倉そば「はしば食堂」 飯山市・富倉そば「とみくら食堂」




北信濃 豊田村・涌井のそば処 「みゆき」「きたざわ」
文部省唱歌【ふるさと】の作詞者・高野辰之の生誕地でもある豊田村は、あの【ふるさと】に出てくる風景の地でもあります。その豊田村・涌井地区の目と鼻の先には黒姫高原があり、このあたりは信州でも【霧下そば】と呼ばれる最高品質の蕎麦の産地としても有名なところです。そして『涌井のそば』も有名な蕎麦処です。

涌井地区は15軒の集落で、ここに紹介する蕎麦屋「みゆき」さんと「きたざわ」さんは、文句なしに感動できる「旨い」蕎麦屋さんです。ここの2店の“お・い・し・さ”にはいくつかの理由がありました。

@自分の蕎麦畑(霧下そば)で栽培された蕎麦だけを使用 A丁寧に石臼で挽いた蕎麦粉(地粉)を使用 
B昔ながらの手打ちの技 C清く美味しい良質な天然水を使用

だから、本当に美味しい信州蕎麦が食べれます。もう、驚きと感激です!

『みゆき』さんの店の隣りには自分のそば畑があり、そこで取れた蕎麦だけを使用しています。『きたざわ』さんもすぐ近くに自分の畑があり、その蕎麦だけを使用しています。
心やすらぐ大自然を目の前にして、自分のそば畑で作られた新鮮な蕎麦(地粉)を使って作られた蕎麦が食べれる幸せ。ほんとうに感激してしまいます。いつまでも守り続けて欲しい味です。


豊田村 涌井・地粉、石臼挽き手打ちそば「みゆき」☆☆☆☆☆

涌井・峠のそば屋「みゆき」
駐車場は、店の前に15台分あります
店先から見る景色は絶景です
高速道路・上信越道[豊田 飯山IC]を降りたら、一つ目の信号を超えて(30mほど)、突きあたりを右にしばらく進みます(10分〜12分程度)。のどかな田園風景の中を進み、峠にさしかかったあたりの道路左側に『みゆき』さんがあります。
◆高速を降りて、一つ目の信号を左に進むと1分〜2分で文部省唱歌『ふるさと』の作詞者・高野辰之の生誕地・記念館があります。

[場所]長野県下水内郡豊田村涌井7923-6
[営業]11時〜17時・木曜日定休(祝祭日は営業)
[TEL:0269-38-3324]
※夏季の期間と5月のGWは、10時〜18時まで営業
※予約があれば、時間の融通もしてくれます。

『みゆき』水野夫妻 『みゆき』さんでは、心温まるもてなしを受けました。山麓に湧出する湧き水を濾過した水を使用してしるので、冷たい水で引きしまった蕎麦はツヤツヤです。やや甘めのつゆに浸けて食べると、繊細な蕎麦の香りが広がって、思わず笑みが出て、なんとも言えない幸せを感じることができます。感激です!
名物[シナノユキマスのから揚げ]も、食べたらやみつきになります。
『みゆき』ざるそば650円
●心温まるもてなしの水野夫妻 ●ざるそば
『みゆき』さんで出される蕎麦は、すべて店の前にある自分のそば畑でとれた蕎麦(霧下そば)を使い、それを石臼で挽いて手打ちにした蕎麦が出されます!地粉で手打ちされたニ八割そばです。
水野くにえさん(上の写真左)が「うちでは、挽きたて・打ちたて・茹でたてだけをお出ししています」と言われていました。それだけ鮮度の高い蕎麦粉(地粉)を使い、石臼で挽いた蕎麦粉を手打ちにする技と、お客様の状況を見てそばを茹でる心配り。「その日に挽いたそば以外は茹でません(お客様に出しません)」という、お客様に対するもてなしの心が感じられる『みゆき』さんのそばでした。
店内の座敷から見る景色も絶景です。店の隣りには『みゆき』さんのそば畑が広がっていて、それぞれの季節を感じながら食べるおいしい蕎麦に、感激しました。ほのかな幸せを感じることができます。


◆『みゆき』さんのご主人より
「自分のそば畑で作られる蕎麦や蕎麦粉は、すべて自分の店で使い切ってしまうので、業者の方や他のそば屋さんへの販売・卸などはしていませんのでご容赦下さい。」とのことでした



「みゆき」「きたざわ」への詳しい地図は、上の[MapFanWeb]をクリックして下さい。



豊田村 涌井・地粉、石臼挽き「きたざわ」☆☆☆☆☆

豊田村・涌井「きたざわ」さんの店 高速道路・上信越道[豊田 飯山IC]を降りたら、一つ目の信号を超えて、突きあたりを右にしばらく進みます(10分〜12分程度)。のどかな田園風景の中を進み、峠にさしかかったあたりの道路沿い左側に『きたざわ』さんがあります。上で紹介した『みゆき』さんの手前30mほどの道路沿いに位置しています。
[場所]長野県下水内郡豊田村涌井7961
[営業]11時〜18時・月曜日定休
[TEL:0269-38-3322]
[駐車場]12台


北澤さんの蕎麦畑 石臼引きのようす 代々そば打ちの技が受け継がれてきた『きたざわ』さんの家も、自分のそば畑があり、その霧下そばといわれる蕎麦を使い、石臼挽きした地粉で手打ちにした蕎麦が出されます。地粉の八割そばです。なんとも香り豊で、味わい深い信州そばです。また、そば湯も一層美味しく感じます。 「きたざわ」のざる蕎麦600円
●北澤さんの蕎麦畑 ●石臼挽き ●ざるそば
◆『きたざわ』さんのところでも、自分のそば畑で作られる蕎麦や石臼で挽かれた地粉は、すべて自分の店ですべて使い切ってしまうので、業者の方や他のそば屋さんへの販売・卸などはしておりませんとのことでした。

竹の仕切り線


創業文政十年・善光寺門前そば処「藤木庵」☆☆☆☆☆

長野市は、善光寺のすぐ手前の善光寺大門前通りにあります。
善光寺を正面に見て、右側の通りにあります。土蔵作りの外観は、大変に目を引きますので、すぐにわかると思います。善光寺の入り口からは、30mという距離で営業されてます。

[場所]〒380-0841 長野県長野市大門町67番地
[営業]10:00-17:00・
[定休日]第1・第3木曜日
[交通] 善光寺大門前の通りにある。バス停は善光寺大門
[TEL:026-232-2531]

毎週水曜日は、【十割そば】が食べれます
「藤木庵」への詳しい地図は、左の[MapFanWeb]をクリックして下さい。
文政十年と言いますから、1827年の創業で、歴史と伝統のある老舗の「門前そば屋」さんです。店に入り、気持ちのいい説明をして頂いた店のおばさんに“おすすめの蕎麦”を尋ね、「ごくらくそば」を注文してみました。

「ごくらくそば」は、二段重ねのせいろそばで、それに出された信州特産のつけ汁“くるみ汁”と“とろろ汁”に付けて食すというものでした。一口目は何も付けずにそばを食べ、信州蕎麦の美味さを楽しみました。感激しながら“くるみ汁”に付けて食べてみると、もううれしくなりました。さらに感激です!“とろろ汁”もまろやかで、一つの出された蕎麦で、三度も幸せを感じる事ができました。クセになる美味しさです!

水曜日には、なんと【十割そば】を食べる事ができます。善光寺参りの際には、是非寄ってみたいお店の一つです。

おすすめの「ごくらくそば」です

竹の仕切り線


■ 木島平村・馬曲温泉(十割そば)「健生庵 山愚(さんぐ)」☆☆☆☆☆


馬曲温泉のすぐ手前にある店です
馬曲(まぐせ)川に沿ってさかのぼること約4キロ、眺望の良さで全国区の人気を誇る露天風呂がある馬曲温泉.。湯に浸かると広々とした視界が開け、開放感は抜群です。晴れた日には北アルプスも見渡せる、そんな馬曲温泉の手前に“健生庵 山愚”はあります。野沢温泉のとなり、木島平より馬曲温泉を目指して行けば左手に見えてきます。

[場所]長野県木島平住郷戸立岩4841-2
[営業]11:00〜15:00 [席]25 [P]20台
[定休日] 馬曲温泉と同休(月末)
[TEL:0269-82-2773]

「健生庵 山愚」への詳しい地図は、左の[MapFanWeb]をクリックして下さい。
ご主人のこだわりで、国産100%のそば粉につなぎ無しで作られた手打ち“十割そば”です。
できたてのそばを、つゆを付けずに食べてみて、そばってこんな風味があって甘かったのかと思い知らされます。

他のメニューには天麩羅などがあり、「ひまな時だけ」の但し書きがあります。ご主人のそばに対する思い入れが感じられます。おいしい蕎麦に出会えた喜びを感じます。ご主人はソムリエでもあり、店内には選りすぐりの地酒・銘酒も置いてます。
すぐ近くの温泉(馬曲温泉)に入った後に、美味しい蕎麦と日本酒。最高です!

店内も落ち着いたいい雰囲気です

竹の仕切り線


■ 飯山市・上杉謙信の隠しそば“幻の富倉そば”「はしば食堂」☆☆☆☆☆
2002年11月21日NHK『生活・ほっとモーニング』蕎麦特集でも紹介されました

のどかな山間にある店です
野沢温泉のとなり、飯山市を走るR171の途中を飯山街道(上杉謙信街道)へ入り、上越方面に行きます。しばらく行くと富倉峠にさしかかります。そこで何件か蕎麦屋の看板が見えてきます、そこを左に入り進むと左の写真にある“はしば食堂”が左手に見えてきます。

[場所]長野県飯山市大字富倉3206
[TEL:0269-67-2340]
[営業]9:00-15:00(売切れ終い)
[席・座敷]30 [P]10台


幻の『富倉そば』が食べれます。『富倉そば』は、雄山火口(おやまぼくち)という“やまごぼう”の葉の繊維(葉を乾燥させ粉にしたもの)をつなぎに使う独特のそばです。手打ちで出される蕎麦は、腰が強く、しっかりとしていて、とてものど越しがいい蕎麦です。

最初の一口は何も付けずに食べてみる事をおすすめします。本当に幸せな気分になれますよ!“ざる”を注文したら、それぞれに手を加えてある山菜の小皿が4皿も付いていきました。他に“笹ずし”もおすすめの逸品です。
名前は“はしば食堂”ですが、中は普通の民家の座敷を利用していて、大変に風情があり、懐かしくていい感じです。のどかな山間にある隠れた名店です。

“ざる”だけを注文したら、
こんなに山菜や漬物なども出されました



「はしば食堂」「とみくら食堂」への詳しい地図は、上の[MapFanWeb]をクリックして下さい


■ 飯山市・幻の富倉そば「とみくら食堂」☆☆☆☆☆

富倉の風景 野沢温泉のとなり、飯山市を走るR171の途中を飯山街道(上杉謙信街道)へ入り、上越方面に行きます。しばらく行くと富倉峠にさしかかります。そこで何件か蕎麦屋の看板が見えてきます、そこを左に入り進むと左に“はしば食堂”さんが見え、すぐ近く右手斜面に“とみくら食堂”さんが見えます。

[場所]長野県飯山市大字富倉2947-1
[TEL:0269-67-2015]
[席・座敷]25 [P]8台
[営業]11:00-17:30(売切れ終い)
[定休日]金曜日
富倉ののどかな風景に心が癒されます

“とみくら食堂”さんでも、幻の『富倉そば』が食べれます。地粉を使い、雄山火口(おやまぼくち)という“やまごぼう”の葉の繊維(葉を乾燥させ粉にしたもの)をつなぎに使う独特のそばです。手打ちで出される蕎麦は、なんとも言えない風味あり、腰が強く、とてものど越しがいい蕎麦です。

“とみくら食堂”さんは、ご夫婦でされているそうです。風情のある民家の座敷で食べる蕎麦は、風味があって忘れられない味です。お婆さんがニコニコと「どうでしたか?そば湯もうまいですよ」とすすめられ、そば湯を飲んでみると、本当にそば湯も、う・ま・い!安らぎと喜びを感じる店です。本当に幸せな気分になれました!
とみくら食堂
とみくら食堂さん

竹の仕切り線

以上6店は、実際に行って食べてみましたが、ご主人の蕎麦に対するこだわりと、人柄の良さ、店員さんの対応、環境の良さと水の良さなどがすべて蕎麦に表れていて、食べるお客様に喜んでいただけるためにいい蕎麦を出そうという思い(もてなし)が強く感じられました。
本当に幸せな気分にさせてくれる信州蕎麦の名店です!

これからも、隠れた蕎麦の名店を紹介してまいります。ご期待下さい!また実際に行ってみた感想や、ご意見・情報などがありましたらご連絡下さい。  (管理人)
Webmaster@soba.com
ご意見・感想をお待ちしております



信州のおいしい蕎麦の札 ざるそばのイラスト 【 おすすめ蕎麦のご案内 】 信州のとっておきバナーM